目尻切開

目尻切開

目尻切開

施術時間   麻酔 静脈麻酔、局所麻酔
シャワー 翌日 施術後の通院 5日後(抜糸の為)
化粧 当日(キズを避ける) 洗顔 翌日
コンタクト 3日後から
(ワンデーの場合直後から可能)
   

施術内容についてこちら

目を大きくしたいと考えておられる患者様には2タイプの患者様が居らっしゃいます。やるからには劇的に大きく目をしたいと考えられる患者様と人知れず目の印象をあまり変える事無く大きくしたいと考えられる患者様です。どうしても二重の幅を広くしたり挙筋短縮をすると劇的に目の印象が変わる為、家族や友人に目の施術をした事がバレてしまいがちです。
目頭切開施術は後者の人知れず目を大きくしたいという患者様の要望に適した施術方法となります。また寄り目により顔のイメージが真ん中に寄っている方にも適しております。
施術を行った患者様の殆どが大満足頂ける施術の一つであり、アイホールが大きくなったりアイライナーを塗る距離が増える等、お化粧映えのする魅力的な目元になります。


腫れは殆どありませんが施術後の赤みがでる可能性があります。また5日後に抜糸する為、来院が必要となります。

麻酔はまず点滴から静脈麻酔を注入し、うたた寝をしている時に局所麻酔をします。局所麻酔は痛みを伴いますが先に静脈麻酔をしてうたた寝をしている時に行ないますので痛みは全くありません。

このページを見たお客様は他にこの様な施術をご覧になっています。


症例写真全てかばしまクリニック院長、椛島かなこが施術したものです。
かばしまクリニックで行う施術はカウンセリングから施術まですべて院長である【椛島かなこ】が行います。
また症例写真は一切、画像編集ソフト等で加工しておりません。