刺青・タトゥー除去

刺青・タトゥー除去

刺青・タトゥー除去

施術時間 1分~30分
(大きさによります)
麻酔 静脈麻酔、局所麻酔
表面麻酔、笑気ガス
(患者様によって使い分けます)
シャワー

翌朝

通院 2~3カ月毎に治療を
数回繰り返します。
施術方法/費用 レーザー除去
/1回50,000円(税抜)
   
       

ファッションの一部として広まっているタトゥー・刺青ですが、日本の社会において認知されていない部分も多数あります。結婚・出産・就職などを機に、刺青・タトゥー除去の治療をご希望される方が増えています。一昔前は、刺青・タトゥーは消えないものというイメージがありましたが、現在ではレーザー治療機器等の改良や施術技術の向上により、キレイに除去できるようになりました。

【レーザー治療はどのように刺青除去に効いていくのか?】
普通の光(懐中電灯)は拡散し広がる性質を持っているので遠くのほうに行くにつれて光が届かずエネルギーが落ちてしまいます。それに比べレーザー光線は広がることなくエネルギーを維持したまま一方方向へ直進します。またレーザー光線の特徴として一つの色に反応する性質があり、正常な皮膚にはほぼ吸収されずに通り抜けてしまい、異常な状態の色素細胞(つまり刺青が入った状態)のみレーザーが吸収されます。レーザーが吸収された異常な状態の色素細胞では熱が発生し、色素細胞を細かく分解します。深い場所にあった色素細胞は白血球の一つであるマクロファージ(死んだ細胞やウィルスを食べる細胞)によって身体の外に排出されます。また皮膚の浅い場所にある異常な色素細胞はかさぶたとなって剥がれていきます。

【レーザー治療の痛みは?】
レーザー治療の痛みは患者様からよくご相談されるのですがレーザーの出力によって変化しますが大体、輪ゴムではじかれたような痛みと思って頂いていいかと思われます。
たとえ輪ゴムではじかれたような痛みでも【痛みは痛み】ですのでしっかり麻酔を行ない、出来る限り痛みが無い状態で施術していきます。
かばしまクリニックでは施術の痛みに対して徹底的に無くしていく努力を行なっております。施術の痛みに不安に思っておられる方も一度カウンセリングであなたのお悩みをお聞かせ下さい。

【レーザー治療以外の刺青除去方法】
刺青除去(タトゥー除去)は色々な施術方法または数種類の施術を合わせてた方法があります。他院で断られた広範囲の刺青もかばしまクリニックではいくつかの施術を組み合わせた形で除去する施術法をご提案させて頂きます。また少しでも患者様の不安を取り除くために、最大限の痛みを抑えた施術を心がけております。

まずは無料カウンセリングでじっくりお話をお聞かせ下さい。患者様のご予算・ライフスタイル・ご希望内容によって患者様に合った施術方法をご提案させて頂きます。

施術後、軟膏を塗って頂きテープを貼っていただきます。

かばしまクリニックでは施術の痛みに対して徹底的に無くしていく努力を行なっております。静脈麻酔、局所麻酔、表面麻酔、笑気ガスを患者様によって使い分けます。

このページを見たお客様は他にこの様な施術をご覧になっています。


刺青・タトゥー除去症例写真