わきが・多汗症

わきが・多汗症

わきが・多汗症

YouTube(動画サイト)にリンクします。

施術時間 ボトックス 5分
直視下摘除法 1時間
麻酔 笑気麻酔、局所麻酔
シャワー

ボトックス 当日
直視下摘除法 当日
(施術箇所を濡らさないように)

施術後の通院 ボトックス なし
直視下摘除法 4日目、10日目
       
       

施術内容についてこちら

【ワキガにボトックスは効くの?】
ボトックス自体はアポクリン腺には作用しません。あくまでエクリン腺からの汗の量を減らす働きとなります。ワキガも程度問題があり、ワキガの方は意識し多汗症を併発している場合が多く、汗をかかない時は気にならないが、緊張したり、夏場など汗を大量にかく時だけ匂いが気になるという方はそのような方はボトックスでも十分に快適になります。多汗症はストレスなどで突然発症するケーがあります。多汗症で問題なのはエクリン腺でワキ、手のひら、足の裏にもあります。エクリン腺は交感神経に深く関係しており、緊張しエクリン腺に信号が行くと汗がでます。汗をかくことによって匂いについてや、より汗をかく事を気にしだすとそれ自体がストレスになって交感神経に指令を出し、エクリン腺に信号が行きます。この様に悪循環に陥りやすい傾向があります。エクリン腺からの汗を止めるだけであればボトックス注射をするとワキだと6割ほど汗の量が減ります。
手足だと5割程です。打った直後から効果が出るのではなく早い人で3日目程度から効果を実感し始めます。2週間程度で効果が完成します。3ヶ月頃から効果が落ちてきて半年で元に戻ります。純粋な多汗症であればボトックス注射を1回から2回行ない、汗のことを意識しないことにより悪循環から開放され良くなるケースが殆どです。

ボトックス効果期間について

【ボトックス注射のダウンタイム】
ダウンタイムはありませんが、薬が失活する可能性がありますので高温(65度以上)のサウナに入るのは2週間は控えるようにして下さい。

【直視下摘除法】
笑気麻酔、局所麻酔
【ボトックス】
笑気麻酔、塗る麻酔

このページを見たお客様は他にこの様な施術をご覧になっています。


わきが・多汗症症例写真

症例写真全てかばしまクリニック院長、椛島かなこが施術したものです。
かばしまクリニックで行う施術はカウンセリングから施術まですべて院長である【椛島かなこ】が行います。
また症例写真は一切、画像編集ソフト等で加工しておりません。