バスト・豊胸・乳首

バスト・豊胸・乳首

バスト・豊胸・乳首

施術時間 脂肪吸引から脂肪注入まで
2時間~3時間
(脂肪注入量により変わってきます)
麻酔 静脈麻酔
シャワー

翌日

施術後の通院 1週間後、1ヶ月後
       
       

施術内容についてこちら

従来通りの脂肪注入の場合、定着率は注入した脂肪の2分の1~3分の1と言われております。ですので希望される注入量の3倍の量を入れなければならないのです。ただ、希望量の3倍の量を入れるとなると普段の生活に支障が出てくるかと思いますので脂肪注入の際、患者様が考えられる許容量で注入量を調節頂いております。また完全に定着するまで約1ヶ月ほどかかります。また皮膚のある程度ゆとりがある方が定着率がよくなります。皮膚に余裕が無いと、パツパツの中に脂肪を入れると圧によって脂肪定着率が低くなります。ですので授乳後で胸のハリがなくなった、皮膚が垂れた方にオススメです。脂肪注入は限界は1~2カップで、3カップ以上をご希望の患者様はバッグをオススメします。
それに比べて最新技術であるCRF脂肪注入法では定着率が80%と高いのでその分、希望される注入量に少し多めに入れるだけで済みますのでダウンタイムが必然的に少なくなります。

胸に関しては、はった痛みただ授乳によって一度胸が大きくなった経験がある方は皮膚に余裕がある為、あまりはった痛みは感じません。脂肪注入の場合、注入した部分のダウンタイムは殆どなく、脂肪吸引した箇所のダウンタイムがあります。脂肪吸引した箇所のダウンタイムとして3日間の筋肉痛と1ヶ月間の吸引箇所の圧迫が必要です。(脂肪吸引箇所を細くしたい場合。細くしたくない場合は1週間の圧迫となります。)


静脈麻酔で寝ている間に施術します。

このページを見たお客様は他にこの様な施術をご覧になっています。


バスト・豊胸・乳首症例写真

症例写真全てかばしまクリニック院長、椛島かなこが施術したものです。
かばしまクリニックで行う施術はカウンセリングから施術まですべて院長である【椛島かなこ】が行います。
また症例写真は一切、画像編集ソフト等で加工しておりません。