眼瞼下垂 症例写真

埋没法(女性・26歳)

埋没法

施術時間 1時間 麻酔 静脈麻酔、局所麻酔
シャワー 当日 施術後の通院 5日後に抜糸
化粧 当日(キズを避ける) 洗顔 翌日
       

施術内容についてはこちら

こちらの患者様は就職活動を機に施術を決心された患者様で、特に男性の場合、二重瞼にしてしまうと印象が変わりすぎたり、いかにも作ったような印象になってしまい、二重瞼の施術を敬遠される方が居らっしゃいます。そこでこちらの患者様はわざと奥二重に仕上げ、いかにも二重にした!というイメージではなく、ごく自然な仕上がりにしております。この様な仕上がりであれば周りに気づかれる事無く自然に雰囲気を変える事が可能です。
是非、男性の方も目の開きでお悩みの方はチャレンジしてみて下さい。

基本、目の切開施術を行った場合は二重の幅が広い状態が1ヶ月ぐらい続きます。ただ、他人が見てあまり違和感がある程ではありません。注意事項として施術の翌日からシャワー可能ですがその際、怖がって施術箇所を触らないように洗顔する患者様が多いのですが、しっかり施術箇所を洗うようにして頂くことが重要です。

麻酔はまず点滴から静脈麻酔を注入し、うたた寝をしている時に局所麻酔をします。局所麻酔は痛みを伴いますが先に静脈麻酔をしてうたた寝をしている時に行ないますので痛みは全くありません。ただ二重瞼、眼瞼下垂施術の場合、寝ている状態では施術できません。それは目を開けてもらって目の開き具合や二重の幅の微妙な調整の確認をして頂くためです。ただ起きていますが麻酔が効いていますので全く痛みは感じません。

このページを見たお客様は他にこの様な施術をご覧になっています。


症例写真全てかばしまクリニック院長、椛島かなこが施術したものです。
かばしまクリニックで行う施術はカウンセリングから施術まですべて院長である【椛島かなこ】が行います。
また症例写真は一切、画像編集ソフト等で加工しておりません。